重ねづけはOK?ピンキーリングについて

叶えたい願いがあるとき、身につけると良い方向に向かうとされるピンキーリングは、アミュレットとしても人気があるリングです。ピンキーリングを身につけたい方の中には、「両方の小指につけてもいいの?」「重ねづけしても問題ない?」と、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、こちらではピンキーリングの基礎や疑問にお答えする内容をまとめてみました。

ピンキーリングとは?

ピンキーリングとは?

ピンキーとはオランダ語で「小指」を意味しており、小指につけるリングのことを「ピンキーリング」と呼んでいます。小指は願いを叶える指としても知られ、幸運を招きたい方や、願いを叶えたいという方に人気のリングです。

そのため、恋愛成就の願いを込めて、赤い糸の象徴でもある小指につけられることもあります。中には、ファッションの一部として身につける方、または気に入ったリングがたまたまピンキーリングだったという方もいらっしゃいます。

ピンキーリングを両方の小指につけても大丈夫?重ねづけしても良い?

ピンキーリングを両方の小指につけても大丈夫?重ねづけしても良い?

ピンキーリングをつける意味は、右の小指と左の小指で異なります。

・右の小指

仕事をやり遂げたい、気になる相手に振り向いてもらいたいという場合。

・左の小指

夢の実現に向けてチャンスを引き寄せたい、新しいことにチャレンジしたいという場合。

「どちらも叶えたい」と願う方は、両方の小指にピンキーリングをつけても良いか迷いませんか?本来、ピンキーリングは片方の小指にしかつけてはいけないという決まりはありませんので、お好みで身につけて構いません。両方の小指にピンキーリングをつけ、「右手の小指から入った幸福を左の小指で止める」という意味を込めることもできます。

また、重ねづけに関しても決まりはありません。二つのピンキーリングを重ねると、華やかさがプラスされて、よりオシャレに輝かせてくれます。重ねづけの組み合わせに迷われる場合は、デザインが細めのピンキーリングを選ぶと良いです。願いを込めるリングとして、オシャレな印象を与えるファッションアイテムとして、ぜひピンキーリングを取り入れてみてください。

ピンキーリングを選ぶならセレンディップジュエル

ピンキーリングをお探しの方は、セレンディップジュエルへご相談ください。セレンディップジュエルでは、オーダーメイドも承っております。アミュレットとしてお客様ご自身で身につけていただくことはもちろん、大切な方へのギフトとしてピンキーリングを贈りたいときにもおすすめです。「まっすぐに頑張っている女性を応援したい」という願いを込めて、一つひとつ丁寧におつくりいたします。栃木から全国にジュエリーをお届けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ジュエリーに関する豆知識

アミュレットリングを選ぶならセレンディップジュエル

名前 セレンディップジュエル
概要 店名の由来にもなっている「セレンディピティ」とは「偶然の幸運」という意味。
ジュエリーを手に取る方に、「幸運が舞い降りますように」という願いを込めながら、 パンジーやスズラン、ローズなどのフラワーモチーフを中心に、一つずつ制作しています。
婚約指輪や結婚指輪については、お客様のご希望に合わせてフルオーダーメイドで制作しております。
URL http://serendipjewel.com/