結婚式前に知っておきたい!「サムシングフォー」

 

結婚式は、新郎新婦のおふたりはもちろん、ご家族にとっても特別な1日となります。おふたりの幸せなストーリーのはじまりに、日本でも一般的となったヨーロッパのおまじない“サムシングフォー”を取り入れましょう。女性の願いが叶うセレンディップジュエルのジュエリーは、天然石のピュアな輝きと上品な華やかさが特徴です。

サムシングフォーの起源

サムシングフォーの起源

結婚情報誌などでよくみかける“サムシングフォー”。結婚式で花嫁様が身につけると幸せになれると言われている4つのアイテム(古いもの・新しいもの・借りたもの・青いもの)です。

もともとは、イギリスの童話集「マザー・グース」に出てくる詩に由来しているヨーロッパのおまじないでした。サムシングフォー発祥の地ヨーロッパでは、200年以上も前から取り入れられています。現在では、花嫁様の幸せを願って、日本をはじめ世界各国に広まっています。

サムシングフォーが示す4つのアイテムと取り入れ方

・サムシングオールド(何か1つ古いもの)

「伝統」を象徴するアイテムで、先祖代々受け継がれてきた絆に感謝する意味を持ちます。祖母や母から譲り受けたドレスやベール、宝石やジュエリーを身に着けることが多いです。

・サムシングニュー(何か1つ新しいもの)

新しい生活への「希望」を象徴するアイテムです。結婚式に向けて新しい品物を用意します。新たに誕生する夫婦の絆を深める結婚指輪は、サムシングニューのアイテムとしてぴったりです。

・サムシングボロー(何か1つ借りたもの)

友人や隣人など、身近な人との「縁」を象徴するアイテムです。すでに幸せな結婚生活を送っている友人や知人から持ち物を借りることで、その幸せにあやかることができるよう願いを込めて身に着けます。ハンカチやネックレスなどのアクセサリーといった小物が取り入れやすいでしょう。

・サムシングブルー(何か1つ青いもの)

青は聖母マリアの純潔さを象徴する色です。そこから、サムシングブルーは花嫁の「純潔」を象徴するアイテムとなっています。目立たないところに取り入れると良いとされており、ブルーサファイアなど青色の宝石を結婚指輪の裏側に入れる方が多くいらっしゃいます。

家族の絆を繋ぐサムシングオールドのご提案

家族の絆を繋ぐサムシングオールドのご提案

ヨーロッパでは、サムシングオールドに祖母や母親が使っていたアクセサリーや婚約指輪、ウェディングドレスを取り入れる方が多いようです。アンティークのような雰囲気のまま身につけても、現代風にリメイクしても素敵です。

また、お子様やお孫様が結婚する際に「サムシングフォー」のおまじないをかけることができるよう、受け継ぐことができる上質なジュエリーを作っておくのもおすすめです。

セレンディップジュエルでは、軽やかに飛びまわるフェアリーと、優しく可憐な花々からインスパイアされたデザインのジュエリーをご提案しています。色合い鮮やかな天然石やデザインをお選びいただき、ご希望に合わせてお仕立てする、フルオーダーメイドです。どれも女性の繊細さや愛らしさを表現した、フェミニンなデザインとなっています。ご結婚が決まったカップル、おふたりでブライダルリングを探しているカップル、プロポーズを考えている男性は、ぜひお気軽にご相談ください。

ブライダルに関する豆知識

ジュエリーに関する豆知識

願いが叶うジュエリーはセレンディップジュエルで

名前 セレンディップジュエル
URL http://serendipjewel.com/