ジュエリーを贈る際に知っておきたい!天然石の種類

 

大切な方に幸運が訪れるように、誕生日や記念日のプレゼントとしてジュエリーを贈る方が増えています。誕生石のジュエリーは、お守りとしても人気です。

天然石とは?

天然石とは?

「天然石」とは、自然の中で採石された石を指します。主にジュエリーなどの装飾用として用いられていて、美しい輝きと希少価値を併せ持つ鉱物です。同じ種類でも模様や色合いが少しずつ異なり、まったく同じものはありません。

セレンディップジュエルでは、かつて「セレンディップ」と呼ばれていた宝石の国スリランカの美しい天然石を用いたジュエリーをご用意しています。願いが叶うジュエリーとして、天然石を使った指輪のセミオーダー・フルオーダーを検討している方に人気です。

透明感のあるピュアな輝きは、夢に向かってまっすぐに頑張っている女性をさらに輝かせます。

天然石の種類

・アレキサンドライト

10月の誕生石「アレキサンドライト」は、1830年に発見された鉱石です。他の天然石と比べると比較的歴史は浅いですが、宝石の代表とも言えるダイヤモンドやルビー、サファイア、エメラルドに並ぶほど、高い人気を誇ります。産出量が少なく、高値で取引されている天然石の一つです。特徴は、当てる光によって色が変わるところ。日中の自然光や蛍光灯の下では緑色、ロウソクや白熱灯の下では赤色に変化します。

・キャッツアイ

「キャッツアイ」とは、本来、宝石に光を当てたときに猫の目のような模様(シャットヤンシー)が現れる効果を指す言葉です。そして、キャッツアイの効果が出現する「クリソベリル」という宝石を、一般的に「キャッツアイ」と呼んでいます。シャットヤンシーが中心に近く色味が美しいほど、高く評価されます。

・サファイア

色鮮やかな青色が涼しさも感じさせてくれる「サファイア」は、9月の誕生石です。古くから愛されてきた人気の高い宝石で、ラテン語で「青色」を意味する「sapphirus」を語源としています。サファイア=青というイメージを持っている方も多いですが、実はカラーが多彩な宝石です。産地によって「コーンフラワーブルー」「ロイヤルブルー」「カワセミのブルー」など、色合いや透明度が異なり、宝石としての価値も変わります。また、青色以外のイエローサファイアやピンクサファイアも産出されています。

・パパラチアサファイア

サファイアの中でも特に希少性が高く、「サファイアの王様」と呼ばれるほど美しいのが「パパラチアサファイア」です。「パパラチア」とは「蓮の花のつぼみ」を意味していて、上品さとかわいらしさを兼ね備えた宝石です。オレンジ味のある女性らしいピンク色は、日本人女性の肌の色によく合います。

非加熱の天然石

非加熱の天然石

ジュエリーとして用いられている天然石は、より美しく見せるために加熱処理を行っています。しかし、上質な天然石は、非加熱でも色彩が鮮やかで美しい輝きを放つもの。

特に、スリランカの非加熱天然石(アレキサンドライト・パパラチアサファイア・キャッツアイ)は、希少価値が高く人気です。非加熱でも美しい輝きを放つ天然石は極わずかしか産出されないため、非常に貴重で取り扱っているショップは多くありません。

セレンディップジュエルでは、スリランカの天然石を用いたジュエリーを提供しています。オーダーメイドも承っており、一度直接お会いしたうえで、ジュエリーに込める想いなどをお伺いして制作したいと考えています。

ブライダルに関する豆知識

ジュエリーに関する豆知識

願いが叶うジュエリーはセレンディップジュエルで

名前 セレンディップジュエル
URL http://serendipjewel.com/