つける位置で変わる指輪の意味

つける位置で変わる指輪の意味

ジュエリーの楽しみ方として、その日の気分に合ったデザインやカラーストーンのアイテムを選ぶという方法があります。

指輪の場合、つける位置によって意味が異なるため、そのときの状況に合わせてつけ替えるという楽しみ方ができます。

指輪をつける位置の意味をご紹介いたしますので、ぜひご覧になってください。

小指

気になっている相手に振り向いてもらいたい、自信を持って大事な仕事をやり遂げたい、そんな希望を抱いている方へ、右手の小指に指輪をはめることをおすすめいたします。この位置は、自分の魅力を発揮する、表現力を豊かにするという意味があります。

左手の小指にはめた指輪は、チャンスを引き寄せる、願い事を叶えるという意味を持っています。夢に向かって新しいことにチャレンジする際、この位置に指輪をはめると思いがけないチャンスが訪れるかもしれません。

薬指

薬指

婚約指輪や結婚指輪を左手の薬指につけることが定番となっていますが、それは左手薬指の血管が心臓と直接繋がっていると信じられていたことが由来となっています。そのため、左手の薬指には愛を深めるという意味があります。

右手の薬指には、直感力や創造力を高めるという意味があります。インスピレーションを高めてより良いものを生み出したいときにおすすめです。

中指

右手中指は、右手薬指と同様に直感力を高めてくれるほか、行動力を高めて物事に取り組むパワーがもらえます。さらに、邪気を払ってパワーを呼び込んでくれるため、運気を上げたいときにおすすめです。

左手の中指は、周囲の空気や人の気持ちを察知する能力を高め、良い人間関係を築くことができます。

人差し指

何かを指し示す際に使用する右手人差し指は、集中力や行動力を高め、リーダーシップを発揮させてくれます。仕事でリーダーとしてチームを引っ張る立場の方におすすめの位置です。

左手の人差し指は、積極性を高める、目標に向かって前向きな姿勢で取り組むという意味が込められています。夢や目標があっても「自分には無理かもしれない」とネガティブになってしまうこともあるでしょう。そんなときは、気持ちを切り替える手段として左手の人差し指に指輪をつけてみてください。

親指

右手の親指はリーダーを表しており、リーダーシップを発揮したい場面や自分の信念を貫きたい場面に適した位置です。行動力・権威・意志を持続させる力を持っているため、困難に打ち勝ちたいときは右手親指に指輪をはめてみてください。

左手の親指は、自分の信念を貫いて前に進んでいくパワーを呼び込んでくれる位置です。最終的には目標を達成するための力となってくれるでしょう。

セミオーダーメイドのジュエリーを制作している【セレンディップジュエル】では、加熱処理されたカラーストーンだけでなく、非加熱のカラーストーンも取り扱っております。高級なカラーストーンでも、より美しい色を出すために加熱処理をされているものがほとんどです。

非加熱のカラーストーンには、自然なままの美しい輝きが楽しめるという魅力があります。フルオーダーメイド、またはセミオーダーメイドのジュエリーを制作いたしますので、ぜひ【セレンディップジュエル】へお問い合わせください。

コンテンツ一覧

セミオーダーメイドのカラーストーン・ジュエリーなら【セレンディップジュエル】へ

名前 セレンディップジュエル
URL http://serendipjewel.com/