ジュエリーで異なる色の見え方

ジュエリーに使用するカラーストーンは、光を受けることで鮮やかな色に輝きます。多くの人を魅了するジュエリーは、どのような仕組みで色が見えているのでしょうか。その秘密を解説いたします。

カラーストーンの色を決める要素

カラーストーンの色を決める要素

人の目で見ることができる光を可視光線と呼び、太陽光や照明の光は波長の異なる可視光線が混ざっている状態です。

この可視光線を分離すると、7色のスペクトル(紫、藍、青、緑、黄、橙、赤)になります。

カラーストーンに光を当てるとスペクトルの一部が吸収され、残りが通過または反射することで、そのカラーストーンの色として目に映っているのです。

赤や青、紫など様々な色のカラーストーンがあるのは、鉱物によって吸収されるスペクトルが異なるためです。

自色鉱物と他色鉱物

自色鉱物と他色鉱物

カラーストーンの色は、鉱物そのものが自身の成分で作り出したもともとの色(自色)と不純物などが混ざることで生まれた色(他色)に分けられます。

自色鉱物は、塊の状態でも粒状に加工しても色が変わらないことが大きな特徴です。代表的なカラーストーンには、トルコ石やラピスラズリ、アイオライトなどがあります。

自然界にある鉱物のほとんどは、他色鉱物です。その中の一種であるコランダムは、わずかにクロムを含むと赤くなり、鉄とチタンを含むと青くなります。赤いコランダムはルビー、その他の色はサファイアとしてジュエリー等に生まれ変わっています。

多色性と変色性

光を当てる方向や光の種類によって色が変わるカラーストーンもあります。

光を当てる方向で色が変わる現象を多色性と言い、特に色の変化が顕著なものにはアイオライトやベニトアイトがあります。色が変わって見える理由は、結晶のどの方向に光が通過するかによって光の偏光の仕方が異なるためです。

蛍光灯や日光などの光の種類によって色が変わることを変色性と言います。同じように見える白い光でも、青が少し強かったり赤が少し強かったりするため、その違いが反射する色に影響しているのです。

鮮やかで美しいカラーストーンには、このような秘密があったのです。栃木にある【セレンディップジュエル】では、そんな不思議な魅力を持つカラーストーンを使って、セミオーダーメイドのジュエリーをお作りしています。

記念日や誕生日のプレゼントに、セミオーダーメイドのジュエリーを贈りませんか?ご希望をお伺いし、お客様の魅力を引き出せるジュエリーに仕上げてまいります。

コンテンツ一覧

セミオーダーメイドのカラーストーン・ジュエリーなら【セレンディップジュエル】へ

名前 セレンディップジュエル
URL http://serendipjewel.com/