結婚指輪の始まり

夫婦となった証にお互いが身につける結婚指輪。結婚式を挙げない場合でも、指輪は購入するという方も多いでしょう。それだけ、この指輪を交換するという行為は夫婦となる2人にとって特別な意味を持つものです。結婚指輪の由来については諸説ありますが、古代ローマ時代から始まったという一説をご紹介いたします。

結婚指輪の始まり

結婚指輪の始まり

古代ローマにおいては鉄の指輪が結婚指輪として用いられていました。その頃は男性が上の存在と考えられており、結婚指輪は「忠誠を誓う」という意味合いで使われていました。

結婚指輪に関する最も古い言い伝えによると、9世紀当時のローマ教皇であるニコラウス1世が結婚の際に指輪を身につけたことをきっかけに、結婚指輪を身につけることが「結婚の証」として世間に認識されるようになりました。この風習は貴族を中心に広がり、後に一般市民の間にも広がっていきました。

ミュールの『ローマの結婚指輪の起源』という書物によれば、11世紀頃には結婚の際に男性は女性に金の指輪を贈り、女性からは男性に鉄の指輪を贈るという風習に発展します。

これが、現在の結婚式で指輪を交換する元になった儀式だと考えられています。

日本での結婚指輪の歴史

日本での結婚指輪の歴史

日本は鎖国の影響があったことから結婚指輪の歴史は浅く、指輪などの宝飾品を身につけるという西洋文化が広まり始めたのは江戸時代の後期です。その頃、長崎に出入りしていたオランダ人から影響を受けたのがきっかけとなって広まっていきます。

戦後しばらく経つと、ようやく日本でも結婚の儀式として指輪を交換するのが一般的になりました。その頃には教会で行う西洋式の結婚式だけでなく、神前式でも指輪の交換が行われるようになります。

法的な意味合いの「結婚」として婚姻届を然るべき機関へ提出する形が確立されても、指輪の交換を大切にする風習は現在まで続いています。それはきっと、結婚指輪がこれから夫婦となる2人の絆を確かめ合う、幸福の象徴だからに他なりません。

結婚の証=結婚指輪として定義づけられたきっかけには、このような歴史があったのです。

栃木で結婚指輪・婚約指輪をオーダーメイドでお作りしている【セレンディップジュエル】は、永遠の愛の証となる2人の思いを込めた特別な指輪をお作りいたします。フルオーダーメイドでは希少な非加熱天然石を使用したジュエリーも人気があり、お好きな色の石を選ぶことができます。

コンテンツ一覧

栃木で指輪をお求めなら【セレンディップジュエル】へ

名前 セレンディップジュエル
URL http://serendipjewel.com/