BLOG

2018 / 08 / 24  23:03

ブルースター blue star K18 リング

 

Language of flowers 『幸福な愛』『星の精』

 

淡いブルーの小さな花

欧米では出産祝いや結婚式のブーケなど、

人生の大切なシーンで使われる花

 

ブルーは幸せを予感させる色、澄んだ空色の花びらはまるで星のよう。

 

 

 

「小さな星の精があなたに幸福な愛を運んできますように」という思いを込めて作ったリングです。

 

 

 

ブルーの宝石はトパーズ。トパーズは古代から愛されている宝石の一つ。 古代エジプトでは、太陽神ラーのシンボルとして、身を守ってくれると信じられていました。 ヨーロッパのルネサンス期には、魔術から身を守ってくれる宝石と信じられていました。

 

ブルーの透明な輝きが身につける人の幸せをずっと守ってくれますように。