BLOG

2018 / 08 / 24  23:26

セレンディップの非加熱ブルーサファイア

天生目理香です。Rika Nabatame

 

 

こちらは、スリランカ産非加熱のブルーサファイアです。 研磨とカット以外の処理はされていません。昔からサファイアで最も好まれていたのは、カシミール産のコーンフラワーブルーと言われる豊かで優しいブルーでした。 今では、カシミールからはサファイアがほとんど採れないのですが、このカシミール産に近いものがスリランカで採れます。

 

それが、こちらです。

 

 

 

非加熱のサファイアは、加熱されたサファイアよりも透明度が高く、透き通っています。 そして、やはり、柔らかな色合いなのですよね。 自然のままで、美しい結晶です。

 

 

 

 

 

サファイアはラテン語で「青」を意味します。 紀元前7世紀以降、ギリシャ、エジプト、ローマでジュエリーとして使われ、中世にはヨーロッパの王たちに好まれました。 ブルーの宝石には「誠実」を呼び起こす力があり、サファイアを身につけると、真実を語る人になると言われているのです。