BLOG

2018 / 10 / 11  15:48

宝石の美しさと人工的な処理について

天生目理香です。Rika Nabatame

 

 

 

宝石とは美しい鉱物のこと。

 地球上には数多くの鉱物が存在しますが、その中で、ごく一部の美しい存在が宝石なのです。地中で結晶化された宝石に、人工的な手が加えられ、美しく輝きだします。

 

 

人工的な処理の段階としては以下のものがあります。

 

1.研磨とカットだけで美しく輝くレベル

2.加熱や軽度のオイル・樹脂含浸で美しくなるレベル

3.放射線照射などで美しくなるレベル

 

 

最も美しく価値のあるものは、もちろん1.ですが、現在の市場には数パーセントしか出回っていません。ほとんどの宝石に2.3.の何らかの処理がなされているのです。 先日、スリランカの宝石商フセインと話していたのですが、タイなどの国では、原石のままでは美しくないため、放射線照射をし、色を美しくするとのこと。そして、放射線の影響がなくなるまで、1年はそのままで置いておかなくてはならないのに、1年を待たずに、売買をしている業者も数多くあるのだそうです。少し、ぞっとしてしまいました。 すべてが、そうだとは思わないのですが、きっとあるのだと思いました。

 

 

ちなみにスリランカ国内では、採掘された宝石にカットと研磨以外の処理をすると逮捕されてしまうそうです。 スリランカで採れる宝石は、そのままで美しいということに、誇りをもっているのでしょう。

 

 

 

 

セレンディップジュエルでは、スリランカの1.のレベルの宝石を取り扱っております。オーダーメイドの婚約指輪やファッションジュエリーにピッタリです。

 

 

地球が生みだしたナチュラルな輝き--

 ずっと大切に身につけていただけるピュアなジュエリーをお届けしてまいりたいと思っています。

 

 

 

非加熱サファイアのオーダーメイドジュエリー