BLOG

2018 / 08 / 24  23:11

スズラン lily of the valley K18ピアス

 

Language of flowers 純粋 純潔 

 

「聖母マリアの花」ともいわれているスズラン。  見ているだけで、気持ちが清らかになる花です。 

 

その花姿に女性の純粋な心を重ね合わせるように表現したコレクションです。

 

K18YG/淡水パール

 

 

くるんとカーブしたゴールドの葉がまるで妖精の羽のように、キュートです。

『幸運が舞い下りますように』・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 / 08 / 24  23:06

パンジー pansy 18Kリング

Language of flowers 愛の使者

 

 

 

 

愛の神エロスが春の野に降り立ち、真っ白なスミレの花にそっとささやきました。「人々に本当の愛の心を伝えておくれ。私たちの面影をお前たちに映してあげるから」そして、真っ白なスミレの花に三回キスをしました。すると真っ白のスミレの花が三色の美しいパンジーになり、気高く咲き誇りました。こうしてパンジーは愛を告げ知らせる使いとなったのです。

 

これは、ギリシャ神話からのお話です。 こんな神話から花言葉がつけられたのかもしれません。

 

 

 

 

花弁に敷き詰められたピンクの宝石はピンクサファイア。 中央と上の花弁にはダイヤモンドを。 パンジーをモチーフとしたこのリング、たくさんの人に「本当の愛」を伝えてくれますように。

 

そんな思いを込めました。

 

 

 

 

2018 / 08 / 24  23:03

ブルースター blue star K18 リング

 

Language of flowers 『幸福な愛』『星の精』

 

淡いブルーの小さな花

欧米では出産祝いや結婚式のブーケなど、

人生の大切なシーンで使われる花

 

ブルーは幸せを予感させる色、澄んだ空色の花びらはまるで星のよう。

 

 

 

「小さな星の精があなたに幸福な愛を運んできますように」という思いを込めて作ったリングです。

 

 

 

ブルーの宝石はトパーズ。トパーズは古代から愛されている宝石の一つ。 古代エジプトでは、太陽神ラーのシンボルとして、身を守ってくれると信じられていました。 ヨーロッパのルネサンス期には、魔術から身を守ってくれる宝石と信じられていました。

 

ブルーの透明な輝きが身につける人の幸せをずっと守ってくれますように。

 

 

 

 

 

 

 

2018 / 08 / 24  23:00

プリムラ primula K18ネックレス

Language of flowers 『運命を開く』

 

 小さく可憐だけれども、強い意志のある花

 英語では『プリムローズ(最初の薔薇)』 薔薇のように美しいことからこのように言われています。

 

 繧サ繝ャ繝ウ迴セ蜒・4302.jpg

 

冬の寒い時期から花を咲かせ、冬の景色を彩ってくれるプリムラ。 厳しい寒さの中でも、美しい花を咲かせることから、『運命を開く』という花言葉がつけられています。

 ネックレス中心にはダイヤモンド。ダイヤモンドは鉱石の中で、最も硬く、透明の美しい輝きを放っています。 石言葉は『清浄無垢』 花弁はクオーツ(水晶)クォーツには潜在能力を引き出す力があると言われています。

 

あなたの運命をよき方向に導いてくれますように。

 そんな思いを込めました・・・

 

 

 

 

 

2018 / 08 / 24  22:54

ラッキーライラック lucky lilac ピアス

Language of flowers 幸運 恋が叶う

 

 

 

 

甘い香りと華やかな可愛らしさで春を告げるライラック。 ライラックは香水やアロマオイルの原料としても利用される香りのよいお花です。

 

ライラックの花弁は4枚なのですが、たまに5枚の花弁の花が混ざっています。5枚の花弁をもつ花は、ラッキーライラックといわれ、見つけると「幸運」「恋が叶う」と、言われています。 実はこのライラックのピアス、小さなライラックのお花が6個ある中で、一つだけ花弁が5枚なのです。

 

幸運が訪れますように♡

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6